スペースプラスの口コミ・評判~特徴と契約に必要な料金~

スペースプラスの口コミ・評判~特徴と契約に必要な料金~

目次

スペースプラスの口コミ・評判~特徴と契約に必要な料金~

スペースプラスは、株式会社ランドピアが管理、運営しているトランクルームサービスです。フランチャイズ形式で、日本各地、幅広いエリアでサービス展開をしています。

屋内型のトランクルームや屋外型のコンテナトランク、それだけではなくバイクコンテナ等様々なタイプのトランクルームを保有しているため、多くの人が利用しやすいという特徴があります。

しかし、スペースプラスの特徴はそれだけではありません。今回はスペースプラスのことがよりわかるように、口コミや評判、利用する上でのメリット、デメリットなどを確認していきましょう。

スペースプラスの口コミ・評判

スペースプラスは日本各地でトランクルームサービスを展開し、数多くの利用者がいます。そのため、口コミや評判も沢山見つかります。今回は数多くある口コミや評判の中から、特にスペースプラスの使い勝手がよくわかるものを集めました。

就職を機に引っ越しをしたのですが、新しい部屋は狭くて以前は何ともなかった家具や家電が部屋を圧迫してしまいました。季節によってはあまり使わない物もあるため、徒歩で行ける場所にあったスペースプラスの屋内型トランクルームを利用してスペースの確保をしています。もともとあった備え付けの棚もあり、雑貨などのちょっとした小物も預けることができて自宅もスッキリしました。たった一畳のサイズですが、縦方向にも収納スペースを有効活用することができるので、月額以上に良い使い方ができていると思います。

20代 男性

3年ほどスペースプラスの屋外型トランクルームを利用しています。近所には他にも収納施設があったのですが、スペースプラスの2階部分は1階部分の半額程度の値段で利用することができ、広さの割に驚くほど月額利用料が安いため利用を決めました。週末によく家族でバーベキューや山登りなど様々なところに行くので、その時に必要な道具を預けています。そこそこ重さがあるものですが、車を構内に入れて自分のコンテナトランクの近くに停めることができるため、二階部分でも特に不自由は感じません。むしろ格安で利用できるトランクルームである点に大きなメリットを感じています。

30代 男性

趣味で、週末にサーフィンやシュノーケリングによく行きます。今までは家に置けていたのですが、都会に引っ越すと家が狭くて置くことができず、保管場所に困っていました。そんな時、自宅近くでスペースプラスを発見。口コミや評判がとてもよかったので、すぐに利用することにしました。車を自分の倉庫に横付けできるので、今はマリンスポーツの道具だけではなく、ちょっとしたDIYの道具も一緒に預けています。

30代 女性


スペースプラスの公式サイトはこちら

スペースプラスのバイクコンテナの特徴

バイクコンテナを保有しているトランクルーム業者は珍しくはありません。たとえバイクコンテナを持っていたとしても数が少なかったり、対応エリアが狭かったりするため、利用しやすいと言えるものは多くはありません。

しかし、そのような他社のバイクコンテナのデメリットは、スペースプラスのバイクコンテナには存在しないと言っても過言ではないようです。

対応エリアが広い

バイクコンテナを持っているトランクルーム業者は数多くあります。しかし、そのほとんどは東京の都心部にしかありません。しかしスペースプラスのバイクコンテナは、東京だけではなく大阪府や愛知県など日本各地にあり、幅広いエリアの人が利用することができます。

数が多い

屋内型トランクルームや、屋外型のコンテナトランクを日本全国にたくさん持っているような業者でも、バイクコンテナとなると10〜20件程度しか持っていないということもあります。

しかしスペースプラスは、全国的なトランクルーム業者でもわずかしか持っていないバイクコンテナを、日本全国に100件以上持っています。

そのため家の近くにバイクコンテナを見つけやすく、自宅の駐輪場代わりとして使うことも難しくはありません。

スペースプラスでバイクコンテナを利用している人達の口コミ

冒頭で、スペースプラスを利用している人達の口コミや評判を紹介しました。しかし、それらはいずれも屋内型トランクルームや、屋外型のコンテナトランクを利用している人たちの口コミや評判でした。

スペースプラスが他のトランクルームの業者と大きく違う部分は、バイクコンテナの数の多さや対応エリアの広さです。そこで今度は、スペースプラスのバイクコンテナを利用している人たちの口コミを見ていきましょう。

引越しをしたのですが、最初は近隣にたくさんの駅があったため何も気にせずに駐輪場なしのアパート選びました。しかし実際に住んでみると、通勤のために毎朝20分以上かけて歩くのは大変です。そこで自転車を買いたいと思ったのですが、駐輪場がないため停める場所がありません。しかし、たまたま自宅近くにスペースプラスの駐輪場があったため、利用することにしました。自宅から3分もかからない位置にあったので、非常に助かっています

20代 女性

通勤でロードバイクを使っています。一応自宅に駐輪場はあるのですが、知り合いが駐輪場にとめていた数十万もする自転車を盗まれたことがあるので、自分は室内に保管するようにしていました。

しかし自宅は4階のエレベーターなしのアパートです。階段も非常に狭く、上がる途中で何度も壁に自転車をぶつけてしまいます。体力と自転車の事を考えて、家から5分ほど離れた場所にあるスペースプラスのバイクコンテナを利用することにしました。自転車だけだと空きスペースが思いのほか広かったので、自転車とは関係ないものも少しですが置くことができて便利です。

50代 男性

新車でバイクを買ったけど、自宅の駐輪場だと雨風にさらされてすぐに錆びてしまうのでは無いかと心配になったためスペースプラスのバイクコンテナを借りることにしました。大型のバイクだったのでギリギリだろうと思っていましたが、予想以上に中が広く、しかもちょっとした道具を置くこともできるため、簡単なメンテナンスもその場でできて、とても助かっています。

30代 男性


スペースプラスの公式サイトはこちら

スペースプラスの特徴と他社との違い

スペースプラスはバイクコンテナ以外にも、屋内型トランクルームや屋外型のバイクコンテナを保有しており、それらにも他社と異なる特徴があります。

トランクルームの種類が豊富

前述したように、スペースプラスはバイクコンテナ以外にも、数多くの屋内型トランクルームや屋外型のコンテナトランクも保有しています。そのため「バイクコンテナを利用しているけどトランクルームも利用したい」という場合でも同じ窓口で契約を進めることができ、手続きもそれだけ簡単になります。

店舗によってさまざまなキャンペーンがある

スペースプラスはフランチャイズ形式でサービスを展開しています。そのため、店舗ごと異なる様々なキャンペーンがあります。利用料が3ヶ月半額になるキャンペーンや、3ヶ月間利用料が無料になるというものもあります。利用料が数万円単位で変わるため、利用する場合はこのようなキャンペーンもしっかりチェックするようにしましょう。

1ヶ月の短期利用が可能

多くのトランクルーム業者は、契約からすぐに解約をされることを防ぐために、一定の契約期間を設けています。契約期間が満了になる前に解約を行うと、違約金とし家賃の1ヶ月分を請求されるということもあります。長期の出張などで一時的にトランクルームを利用したい場合は、この仕組みのために気軽に利用できません。

しかしスペースプラスでは、最短で1ヶ月間の短期利用を可能にしています。「1ヶ月程度の出張だからそれだけの期間だけ借りることが出来れば良い」という場合などは無駄な違約金を支払わなくて済むため、とてもメリットがあるシステムです

棚が備え付けられているタイプもある

トランクルームの中は通常何も置かれておらずまっさらな状態です。そのため収納スペースを増やしたい場合は、自分で棚などを持ち込んで設置する手間がかかります。しかしスペースプラスの一部の店舗は、最初から棚が備え付けてある物件もあります。

わざわざ自分で棚を用意する手間が不要であるため、手軽に縦方向の収納スペースも増やすことができます。

スペースプラスのトランクルームの補償・サービス内容について

トランクルームを利用する場合、可能性は低いにしても何らかのトラブルに見舞われることがあるかもしれません。そのような時、スペースプラスではどのような対応をしているのでしょうか。確認してみましょう。

鍵の再発行

トランクルームの利用で多いのが鍵の紛失です。鍵を紛失してしまった時は10,000円+消費税で再発行を行うことができます

コールセンター

トランクルームを利用していると、前述した鍵の紛失や、その他にも様々なことで困ることがあるでしょう。しかしスペースプラスでは、そのような時のためにコールセンターを用意しています。

もちろん土日祝日や、夜間も対応することができます。そのため、夜だけ利用する場合や週末だけの利用の場合も困ることがありません。

保険プラン

スペースプラスでは、火災などによって預けている荷物に何らかの損失が生じた場合、その損失を補填するために様々な保険プランも用意しています。

スペースプラスのセキュリティーについて

大切な荷物を預けるわけですから、誰もがそのセキュリティー面は気になるところ。スペースプラスでは次のような形でセキュリティー強化を図っているため、安心して利用することができます。

二重ロック

一部の屋内型トランクルームでは、荷物を預けている収納スペースだけではなく、建物に入る際にも鍵が必要な場合があります。

防犯カメラ

防犯カメラで常に監視しているため、不審者への対処がしやすくなります。

定期的な巡回

スペースプラスのトランクルームでは、定期的なスタッフの巡回を行なっています。そのため、異変などがある場合すぐに気づくことができ、迅速な対応を行うことが可能です。

セキュリティー面を重視する場合は室内型を

スペースプラスには屋内型トランクルームや、屋外型のコンテナトランクがあります。もしセキュリティー面を重視するのであれば、簡単に中には入れないなど、構造上にもセキュリティー性が高い屋内型トランクルームを選ぶようにしましょう。

スペースプラスの初期費用と毎月の料金の目安

トランクルームを借りる場合、多くの人が気になるのが利用するときにかかる費用です。かかる費用では初期費用と毎月の月額利用料がありますが、初期費用は基本的に毎月の月額利用料がベースとなります。そのため、先にスペースプラスを利用するときにかかる月額利用料から確認していきましょう。

室内型トランクルームの利用料の目安(1帖)

東京都台東区浅草橋 8000円
千葉県千葉市中央区富士見 6858円
神奈川県川崎市幸区下平間 9000円

スペースプラスの室内型トランクルームは、主に東京を中心とした関東地方にたくさん存在します。しかし同じような地域であっても月々の利用料は1,000円以上の差があることが確認できます。

コンテナトランクの利用料の目安(1.6帖)

兵庫県神戸市西区平野町下村 8000円
東京都足立区保木間 10000円
福岡県北九州市八幡西区町上津役西 7000円

スペースプラスの屋外型コンテナトランクは、屋内型トランクルームのように関東地方に固まることなく日本の南から北まで数多くの店舗が存在します。同じ広さでも価格にそれだけ大きな差も確認することができます。

バイクコンテナの利用料の目安

東京都大田区大森西 9500円
大阪府大阪市住吉区我孫子 11905円
愛知県名古屋市南区明治 9000円

屋内型トランクルームや屋外型のコンテナトランクに比べると若干数は少なくなりますが、それでもスペースプラスのバイクコンテナの数は、他のトランクルーム業者のバイクコンテナよりも対象エリアや数が多いことが特徴です。都心部であるから高いと言うわけでもなく、一つ一つの店舗によって価格が異なります。

初期費用は借りる場所によって若干変わる

スペースプラスでは屋内型トランクルームでも屋外型のコンテナトラックでも、はたまたバイクコンテナであっても、かかる初期費用の計算方法は同じです。計算式は以下のようになります。

初月日割利用料+翌月利用料+事務手数料(月額利用料の1ヵ月分)=初期費用

となります。参考に1万円の収納スペースを30日まである月の16日に借りた場合

5,000円+ 10,000円+ 10,000円= 25,000円

となります。

ただし、店舗によっては事務手数料が不要となるキャンペーンを行っているところもあります。そのような店舗であれば、初期費用を安く抑えることができます。


スペースプラスの公式サイトはこちら

スペースプラスのメリット

ここまで様々な情報を確認してきましたが、スペースプラスには他にもさまざまな特徴があります。今まで確認した情報と合わせて、その中からメリットをまとめて確認しましょう。

契約後すぐに利用することができる

急ぎでトランクルームを利用したい場合、スペースプラスの本社を訪ねて契約することで、すぐにトランクルームを利用することができます。事前に訪問予約をすることが条件ではありますが、急に荷物を預けなければいけない状況ができた時に、とても助かるシステムです。

連帯保証人が不要

トランクルームの利用には毎月一定の費用がかかります。そのため、もし費用の支払いが滞った場合のために契約時に連帯保証人を求めるトランクルーム業者もあります。しかしスペースプラスには、立替保証付契約というシステムがあるため、保証人不要で契約を行うことができます。もちろん敷金や保証金なども不要です。

引っ越し先でも利用できる

トランクルーム業者によっては、一部の地域でしか事業展開をしていない業者もあります。そうなると引越しの際には、新しい地域ではどのトランクルーム業者が良いのか、一から調べなおさなくてはいけません。

しかし、スペースプラスは日本各地に店舗かあるため、引越し先にもある可能性が高いという特徴があります。そのため、手続き方法やサービス内容を改めて調べて、他の業者と比較し直すという手間が不要です。

スペースプラスのデメリット

スペースプラスにはさまざまなメリットがありますが、人によってはデメリットを感じてしまう部分もわずかながらあります。

屋内型トランクルームはほとんど関東エリアにしかない

スペースプラスは屋内型トランクルームと屋外型コンテナトランクを用意していますが、そのうち屋内型トランクルームの物件はほとんどが関東エリアに集まっています。そのため地方で屋内型トランクルームを借りたいと思っても、屋外型しか見つからないということもあります。

備え付けの棚が邪魔になることがある

スペースプラスのトランクルームは、あらかじめ棚が備え付けてあるものもあります。もし小物などが多いのであれば、うまく活用することで広さ以上のものを収納することができます。しかしそうでなければ棚が邪魔となってしまい、逆に収納スペースを狭めてしまう原因となります。

利用開始が20日以降だと初期費用が上がる

スペースプラスでは20日以降に利用を開始する場合、追加で翌々月分の利用料の支払いも必要になります。そのため10,000円の収納スペースを借りるとすると、追加でもう10,000円初期費用が必要となります。(1月21日に借りた場合、2月分だけではなく3月分の利用料も先に支払う)

スペースプラスを契約するまでの流れ

スペースプラスの契約方法には郵送契約と来社契約があります。急ぐ場合には来社契約が、地方に住んでいたりして来社することが難しい場合には郵送契約がお勧めです。それではそれぞれにおける手続きの流れを確認していきましょう。

契約時に必要なもの

まずは契約の際に必要になるものを確認します。郵送契約でも来社契約でも、必要になるものは同じです。次のようなものが必要になります。

  • 免許証や保険証のコピー(個人の場合)
  • 登記簿謄本のコピー(法人の場合)
  • 銀行届け印
  • 初期費用の振り込み

来社契約を行う予定の場合には、以上のものを忘れずに用意するようにしましょう。忘れてしまうと、すぐに契約して利用することができるという来社契約のメリットを台無しにしてしまいます。

郵送契約

地方に住んでいたり、忙しくてなかなかスペースプラスの会社を訪ねる暇がない場合は、郵送で契約することもできます。郵送契約の場合の手順は以下の通りです。

1.預けたい場所を調べる

ホームページ上で預けたい場所を探します。

2.空室確認を行い予約する

電話かホームページ上のメールフォーム、もしくはファックスで収納スペースに空きがあるか確認します。空きがある場合、次のステップに進みます。

3.契約書類と初期費用の明細書が届く

契約書類と初期費用の明細書が届きます。初期費用を振り込み、必要事項を記入して返送します。

4.鍵が届く

約2週間程度で自宅に鍵が届きます。鍵が届いたらその瞬間からトランクルームの利用を開始することができます。

来社契約

来社契約の場合、すぐに契約をしてトランクルームの利用を開始することができるというメリットがあります。たとえ急ぎでなくとも、何かわからないことがあればすぐに対応してもらえるため、スペースプラスの会社が近い場合は来社契約がお勧めです。

1.預けたり場所を調べる

まずはホームページ上で、預けたい場所のトランクルームやコンテナトランクを探します。

2.空室確認を行い予約する

電話やホームページ上のメールフォーム、もしくはファックスで空室確認を行い来社予約をします。

3.ランドピア本社を訪ねる

必要書類等を持って東京都中央区日本橋にあるスペースプラスの運営会社、ランドピア本社を訪ねます。書類記入後に鍵を受け取ることができ、すぐにトランクルームを使用することができます。

まとめ

スペースプラスが他のトランクルーム業者より特に優れている点は、バイクコンテナを幅広いエリアに保有し、その数も非常に多いということです。

口コミのようにバイクだけではなく自転車の保管場所としても利用することもできます。駐輪場のことなどで困ることがあれば、自宅近くにスペースプラスのバイクコンテナがないか探してみるといいでしょう。

もちろんバイクコンテナだけでなく、屋内型トランクルームや屋外型コンテナトランクにも「幅広いエリアにある」「サポートセンターとの連絡が取りやすい」などのメリットがあります。そのため駐輪場のことだけではなく、荷物の収納場所で困った際にも利用を検討してみるといいでしょう。


スペースプラスの公式サイトはこちら