キュラーズをバイク・自転車の駐車場として使うメリット・デメリット

人口が多く、電車やバスなどのインフラが整っている地域では、駐輪場が無いアパートも珍しくありません。しかし、それでも自転車やバイクを移動手段にする人はたくさんいます。そのような人にとっては、駐輪場が無いことは非常に大きな問題です。

そのように自宅アパートに駐輪場が無くて悩む人のために、キュラーズでは自転車やバイク専用の駐車スペースを用意しています。

またキュラーズでは、トランクルームの荷物保管用の収納スペースを、自転車の駐輪場の代わりとして利用することもできます。

そこで今回は、キュラーズのバイク専用駐車スペースや、トランクルームの収納スペースを駐輪場として使う場合のメリットやデメリットを、口コミも参考にしながら確認していきましょう。

キュラーズをバイク・自転車の駐車場として使うメリット

キュラーズをバイクや自転車の駐車場として使う場合、次のようなメリットがあります。

盗難やイタズラの心配がない

キュラーズでバイクを保管する場合、バイクコンテナか屋外共同駐輪場の、どちらか一方でバイクを保管することになります。その中でもコンテナタイプは、バイク専用の個別ガレージ構造であるため、契約者以外はバイクを収納しているスペースに立ち入ることができません。

また、トランクルームの収納スペースも個室となっています。自転車の駐輪場代わりに収納スペースを利用する場合も、契約者以外は立ち入りができない構造であるため、盗難やイタズラを心配する必要がありません。

雨風によるサビの心配が少ない

自転車やバイクは、雨で濡れるとサビたり、強い風で倒れて故障することもあります。しかし、キュラーズのバイクコンテナやトランクルームの収納スペースは室内であるため、雨や風による影響を受けません。

初期費用がほとんどかからない

キュラーズでは他のトランクルーム業者のように、初期費用に敷金や礼金、手数料がかかりません。そのため初期費用をとても安く抑えることができ、場合によっては他のトランクルーム業者の半分以下になることもあります。

キュラーズをバイク・自転車の駐車場として使うデメリット

キュラーズをバイクや自転車の駐車場として使う場合、メリットがある反面、次のようなデメリットもあります。

バイクを預けることができる場所が少ない

キュラーズでは、バイクコンテナか、バイク専用の屋外共同駐輪場がある店舗でのみバイクを保管することができます。しかし、バイクコンテナやバイク専用の屋外共同駐輪場がある店舗は数が限られています。そのため、自宅近くでバイクを保管できるキュラーズを探しても、見つからないことがあります。

借りるサイズによっては自転車が収納できない

キュラーズのトランクルームの収納スペースに自転車を預ける場合、広さによっては自転車を収納できないことがあります。キュラーズのトランクルームの収納スペースを自転車の駐輪場として使用したい場合は、少なくとも1帖以上の収納スペースを借りるようにしましょう。

キュラーズの格安バイクコンテナの例

キュラーズで自転車やバイクを預ける場合、バイクコンテナか屋外共同駐輪場を借りることになります。その場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか。実際の物件を見てみると、毎月かかる費用は次のようになります。

場所 月額
東京都文京区(バイクコンテナ) 月額12,500円(利用初月は鍵交換代1万円が必要)
東京都中野区(屋外共同駐車場) 月額5,000円
神奈川県横浜市中区(屋外共同駐車場) 月額10,000円

このようになっています。キュラーズでバイクを保管できる場所は数が限られているため、多少値段が高くても近隣のキュラーズの店舗を利用するしかありません。

しかし、自転車を保管したい場合は、数多くあるキュラーズのトランクルームの屋内収納スペースを利用することができます。そのため、数多くの店舗の中から、格安の収納スペースを借りることが可能です。

参考に、自転車が入る目安のサイズである1帖の広さで、なおかつ格安で借りることができるキュラーズの屋内型トランクルームを挙げましょう。

場所 月額
大阪府大阪市淀川区 月額8,500円
福岡県北九州市小倉北区 月額9,300円
広島県広島市中区 月額10,200円

このようになっています。ここに挙げたもの以外にも、キュラーズの店舗は数多くあります。利用しやすい場所にいくつも店舗があるということもあるため、格安で利用したい場合は、ホームページから店舗の場所や価格をしっかり確認するようにしましょう。

キュラーズでバイク・自転車の駐車場として利用している人達の口コミ

実際に利用している人の口コミからは様々な情報を得ることができます。また、キュラーズをバイクや自転車の駐車場として利用したときのことをイメージしやすくなるため、契約後に「こんなはずじゃなかった」などと、後悔することを防ぐことにも一役買います。

それでは、数多くある口コミの中から、実際に利用した時のことをイメージできるような口コミを、5人分紹介します。

トランクルームの収納スペースを駐輪場代わりにしている[女性 20代]
自転車を預けようと思い、調べてみると、自宅の近くにキュラーズのバイクコンテナがあることを知りました。しかし満車だったので、何かいい方法は無いかと調べていると、通常の収納スペースも自転車の駐輪スペースとして利用している例があったため、自分もそのようにして利用しています。
初期費用が安くて助かった[女性 20代]
引越しをする前は、移動は公共機関を利用すればいいと考えていたので駐輪場無しのアパートを契約しました。しかし、いざ実際に住んでみると自転車があった方が便利と思い、どこかに保管できるところはないかと探していたらキュラーズのトランクルームのことを知りました。引越し後でお金がなかったものの、初期費用がとても安かったので助かりました。
自宅に駐輪場が無いため利用している[男性 30代]
新しくバイクを買う予定だったものの、自宅アパートには駐輪場が無いのでどこか預けられる場所はないかと探している時、元々利用していたキュラーズのトランクルームの駐輪場をレンタルできることを知りました。屋外ではあるものの、自宅近くなので不自由なく利用できています。
放置自転車と間違われて…[男性 20代]
自宅アパートの駐輪場は放置自転車が多く、以前放置自転車を片付ける業者に間違えて持っていかれて、大変な思いをしました。ちょうど近くにキュラーズのトランクルームがあり、知り合いがトランクルームを駐輪場代わりに使っているということを聞いていたので自分も契約しました。朝になったら自転車が無いんじゃないか…という心配をしなくていいので、安心して利用しています。
通勤の時に利用している。更衣室代わりにも利用[男性 40代]
勤務先の近くににキュラーズのトランクルームがあります。会社に駐輪場が無いため利用しているのですが、空調も聴いているし、着替えもできるので更衣室代わりにも使っています。

バイクコンテナを選ぶ基準

キュラーズのバイクコンテナを選ぶとき、適当に決めていると、契約後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになります。そのようなことを防ぐためにも、キュラーズのバイク専用トランクルームを選ぶ基準を確認しましょう。

場所

日常的にバイクや自転車を利用する場合、自宅から遠い場所で契約してしまうと、往復のために時間を取られてしまいます。「これだったら公共機関を利用した方が楽だった」ということにもなり兼ねないため、できるだけ自宅近くで、キュラーズのバイク専用駐車スペースやトランクルームを借りるようにしましょう。

価格

「バイクや自転車は週末に趣味のためにだけ使うから、トランクルームは自宅から少し遠くの場所でも大丈夫」という場合は、利用料金も気にしてみると良いでしょう。東京や大阪など、人口が多い地域にはキュラーズのトランクルームが数多くあります。そのため、複数のキュラーズのトランクルームの中から、利用料金が安いトランクルームを探すことができます。ホームページから調べることができるため、キュラーズのトランクルームを探してみましょう。

環境

キュラーズのバイク専用駐車スペースは、コンテナタイプと屋外共同駐車場タイプがあります。「とりあえず預けることさえできればいい」という場合は屋外共同駐車場タイプでも困ることはありませんが、雨風による劣化や盗難などを心配する場合はコンテナタイプを借りるようにしましょう。

キュラーズでバイクコンテナを借りる時の注意点

キュラーズでバイク専用駐車スペースや、自転車を預けるためにトランクルームを借りるときには、注意すべきことがあります。後々トラブルとなることを避けるためにも確認しましょう。

バイクを預けることができるのは専用バイクコンテナか屋外共同駐輪場のみ

キュラーズのバイク専用駐車スペースは、トランクルームの荷物収納スペースに比べると数が限られています。そのため、屋内の荷物収納スペースを自転車の駐輪場として利用している人もいます。

しかし、バイクを荷物収納スペースに預ける場合は、燃料であるガソリンが発火性・引火性があるものとして保管を断られる場合もあります。また、泥やタイヤで周囲を汚しやすいなどの問題もあるため、通常の屋内の荷物収納スペースにバイクを保管することはおすすめできません。

自転車の駐輪場として使う場合も場合も雨天は注意

屋内の収納スペースに自転車を預けることは問題ないとしても、雨天の時の使用に関しては注意が必要です。

雨の日に自転車で外を走って、そのままトランクルームの屋内収納スペースまで行くと、その間に通路を汚したり、借りている収納スペースを汚す可能性があります。

そうなると、修繕費などを請求される可能性もあります。雨天時は自転車の使用は控えるか、多少手間ではあっても拭いて建物内に入るようにしましょう。

まとめ

キュラーズにはたくさんのトランクルームがあるため、自転車の保管に関しては困ることはありません。むしろ初期費用が安い、セキュリティーがしっかりしているなどのメリットも多いため、自転車の保管を行うには最適です。

しかし、バイクをキュラーズに預ける場合は、屋内収納スペースではなくバイクコンテナや屋外共同駐輪場に預けることになります。これらバイク専用駐車スペースは、数が限られているため空きを見つけた場合すぐに下見をして押さえるようにしましょう。

レンタル倉庫 格安 ランキングはこちら