ハローストレージをバイク・自転車の駐車場として使うメリット・デメリット

トランクルーム格安・ボックスン.com-ハローストレージ

自転車やバイクは、通勤のために乗る人や趣味として乗る人など、様々な人が利用する乗り物です。

そのため、自転車やバイクのことについて悩む人もたくさんいます。その中でも特に大きな悩みの一つに、保管場所に関する悩みがあります。

「駐輪場がない…」「雨風にさらされてサビなどが心配…」など、自転車やバイクの保管場所に関する悩みは少なくありません。そこでハローストレージでは、そのように保管場所に関する悩みを抱える人のために、専用のバイクコンテナを用意しています。

では、バイクや自転車の保管場所として、ハローストレージのバイク用トランクルームを利用すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。口コミなどから、デメリットも含めて見ていきましょう。

ハローストレージをバイク・自転車の駐車場として使うメリット

ハローストレージのバイク用トランクルームを、自転車やバイクの駐車場代わりとして使うと、次のようなメリットがあります。

風雨の被害に強い

バイクや自転車は、雨風によるサビや、その他の劣化によって様々な不調が生じます。また、風によって駐輪場の自転車が倒れることもあるでしょう。ハローストレージのバイク用トランクルームに保管していれば、風や雨を防ぐことができるため、そのようなことを心配する必要がありません。

盗難を心配する必要がない

自転車やバイクは、車と違って簡単に動かすことができます。また、パーツを外すことも簡単です。そのため屋外で保管している場合、本体丸ごと、もしくはパーツの盗難にあう恐れがあります。ハローストレージのバイク用トランクルームに預けることで、これらの被害を防ぐことができます。

アパートに駐輪場が無くても大丈夫

交通機関のインフラが整っている地域では、駐輪スペースが無いアパートも珍しくはありません。しかし、いくら交通機関が整っていると言っても、通勤や趣味で自転車やバイクを持っている人もいます。そのような人は駐輪スペースがあるアパートを選ぶ必要があるため、選べる物件の幅が狭くなってしまいます。しかしハローストレージのバイク用トランクルームがあれば、例え駐輪スペースの有無にかかわらず、住みたいアパートを自由に選ぶことができるというメリットがあります。

ハローストレージをバイク・自転車の駐車場として使うデメリット

ハローストレージのバイク用トランクルームを利用するメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。具体的にどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

お金がかかる

まず当然のことですが、ハローストレージのバイク用トランクルームを利用するにはお金がかかります。自宅に駐輪場がある場合は、お金を出してまで自転車やバイクを預けることに意味を感じることができない可能性もあります。

しかし、自転車やバイクに高いパーツを使用している場合、それらを取られる可能性はゼロではありません。仮に盗まれることがあれば、バイク用トランクルームのレンタル料より高い損失になることもあります。

そのような心配が少しでもある場合は、ハローストレージのバイク用トランクルームを借りるようにすると、安心して保管することができるでしょう。

取りに行くことが面倒

通勤など、日常的に自転車やバイクを使用する場合は、わざわざ自転車やバイクを取りに行くことを面倒に感じることもあります。雨などで天気が悪い時でも、ハローストレージのトランクルームまで歩いていく必要があり、そのことを億劫に感じることもあるでしょう。

ハローストレージの格安バイクコンテナの例

ハローストレージのバイク用トランクルームを利用するメリットやデメリットはわかりました。では次に気になるのは、どれ位の月額利用料がかかるかということではないでしょうか。ハローストレージのバイク用トランクルームの利用料は、1万円を超えるところも珍しくはありません。しかし、逆に格安のバイク用トランクルームもあります。どれくらい安いのか、実際の物件の値段を見てみましょう。

場所 月額
東京足立区鹿浜 1,620円
千葉県浦安市堀江 2,160円
神奈川県大和市深見西 1,080円

このようになっています。ハローストレージにはこの他にも月額が1,000円代の物件や、キャンペーンによって格安になっている物件も数多くあります。ハローストレージのホームページではマップ上でバイク用トランクルームを探すことができるため、お住いの近隣エリアにも紹介したような掘り出し物件がないか探してみると良いでしょう。

ハローストレージでバイク・自転車の駐車場として利用している人達の口コミ

ハローストレージのバイク用トランクルームを実際に利用するとどのような生活になるのか、誰もが気になるところではないでしょうか。それをイメージするためには、口コミが参考になります。

そこで、ハローストレージのバイク用トランクルーム利用者の口コミの中から、特に利用後の生活がイメージしやすいものをご紹介します。

盗難防止のため利用[男性 30代]

ロードバイクで通勤していますが、友人がパーツの盗難にあったことがあり、自分も盗難にあうことが怖くて家の中に持ち込んで保管していました。しかし、場所を取ることと、外で使うものを中に入れることが妻としては嫌だったようで、ついに怒られてしまいました。そこで、どこかに預ける場所はないかと調べていた時にハローストレージのバイクコンテナを発見。妻から冷たい目を向けられることが無くなったということはもちろん、気を使うことなくロードバイクの手入れができるというオマケのメリットもあり、非常に満足しています。

サドルの盗難に遭い利用[女性 20代]

以前、サドルを2回盗まれたことがあります。別に高級な自転車に乗っているわけではないので、金銭的な損失は大きくはないのですが、さすがにこうも続くのは嫌だと思いハローストレージのバイクコンテナを契約しました。最初は常駐する管理人がいないことが気になりましたが、最近は逆にいないことで気軽に利用できるというメリットを感じています。

バイクのカスタム用ガレージとして利用[男性 30代]

バイクのカスタムが趣味なのですが、自宅マンションの駐車場は人が出入りするのでいつも友人宅のガレージを借りていました。しかし友人の都合がつかないとカスタムができないので、なんとかできないかと調べてみると、バイクコンテナでカスタムしている人がいるということを知り、早速自分も調べてみることに。ちょっと歩かないといけない距離ではありましたが、ハローストレージのバイクコンテナの評判が良かったため契約。24時間利用できるので、色々気を遣わずバイクいじりができるようになり、楽しんでいます。

アパートに駐輪場が無いため利用[女性 30代]

アパートに駐輪場がないため、ハローストレージのバイクボックス(バイクコンテナ)を借りています。バイクボックスを借りる前は道路にとめていたのですが、駐禁を切られてすぐに預ける場所を探しました。自宅から徒歩10分と少し距離はありますが、案外慣れるものです。今ではほとんど気になりません。

治安面が心配なため利用[男性 20代]

自宅に駐輪所があるので、そこにバイクを止めようと思えば止めることはできるのですが、ハローストレージのバイクコンテナを借りています。というのも、自宅周辺は飲み屋が沢山あり、自宅アパート前で騒いだりしている人もいるので、バイクにイタズラされるんじゃないかなぁと不安になったからです。バイクコンテナを借りるようにしてからは、夜中もバイクのことを気にしなくてもよくなりました。

サビ対策のため利用[男性 40代]

以前雨風を気にせずに野外にバイクを置いていたら、パーツがサビて交換をしたことがあります。10万以上の費用がかかったため、もう二度とこんな思いはしたくないと思いハローストレージのバイクコンテナを契約しました。もう一年以上利用していますが、パーツが錆びる様子もなく、快適に使えています。

バイクコンテナを選ぶ基準

ハローストレージのバイク用トランクルーム(バイクコンテナ)は多種多様です。そのため、適当に選んでしまっては、契約後に後悔することもあります。そこで、ハローストレージのバイク用トランクルームを選ぶ基準を確認しましょう。

広さ

自転車やバイクを保管するだけであれば、どのような広さでも困ることはありません。しかし、大型のバイクやメンテナンス用品も保管したい場合は、できるだけ広いバイク用トランクルームを選ぶようにしましょう。同じ店舗のバイク用トランクルームでも、物件によって広さが違う場合があります。下見をして、どれ程の広さがあるのか確認するようにしましょう。

価格

ハローストレージのバイク用トランクルームは、店舗によって価格が大きく異なるという特徴があります。同じ広さであっても、下は1,000円台から上は1万円を超える物件もあります。自宅周辺に店舗がいくつもある場合は、全ての物件に目を通すようにしましょう。

場所

週末しか自転車やバイクに乗らないという場合は、自宅から若干遠いバイク用トランクルームと契約しても困ることはほとんどありません。しかし、通勤や買い物など、日常的に自転車やバイクを利用する場合は話は別です。

日常的に自転車やバイクを使う場合は、自宅とバイク用トランクルームの往復回数も増えます。それだけに自宅とバイク用トランクルームの距離が離れすぎていると、いつしか自転車やバイクを取りに行くことを億劫に感じて、外出することも嫌になることでしょう。そうなることを防ぐため、バイク用トランクルームはできるだけ自宅近くで契約しましょう。

ハローストレージでバイクコンテナを借りる時の注意点

ハローストレージのバイク用トランクルーム(バイクコンテナ)を借りるときには、次のようなことにも注意しましょう。

ラダーレールが必要な物件もある

ハローストレージのバイク用トランクルームの中には、バイクを倉庫内に入れるためにスロープ(ラダーレール)が必要な物件もあります。

このラダーレールが必要な場合レンタルすることもできますが、そのためには設置の手数料として初期費用が2,160円が追加され、毎月324円のレンタル料もかかります。その金額が気になる場合は、あらかじめ下見をしてスロープが付いているかどうか確認をするようにしましょう。

共同駐輪場タイプもある

ハローストレージのバイク用トランクルームは、多くが個室スペースにバイクを保管するスタイルです。しかし、中には共同の駐輪場タイプの物件もあります。

シャッター付きなので雨風はしのげますが、他のバイクユーザーも出入りする場所に自分のバイクを保管することになります。そのため「メンテナンス用の道具が置けない」「防犯面も完璧とは言えない」などの問題点もあります。道具が置けないことや、防犯面が気になる場合はこのような物件は避けたほうが無難です。

まとめ

ハローストレージのバイク用トランクルームは日本各地にあります。それだけに、根気よく探すと手頃な価格や、利用しやすい場所にバイクコンテナを見つけることができます。

しかし、ハローストレージのバイク用トランクルームは人気があり、利用を希望する人もたくさんいます。そのため、すでに満室になってしまっている店舗も少なくありません。条件が良いバイク用トランクルームを見つけても「暇ができたら契約しよう」と悠長なことを言っていると、いざ暇ができた時にはすでに満室になっている可能性もあります。

格安の物件であれば、ひと月程度早く契約しても大きな出費にはなりません。良い条件の物件を見つけたら、すぐに下見をして、可能であれば早めに契約をするようにしましょう。
おすすめのレンタル倉庫ランキング