トランクルームの選び方(個人利用者向け)

トランクルームの選び方(会社利用者向け)

オフシーズンの物を保管したい

夏場にしか使わない扇風機や夏物の洋服。冬場は意外と場所とるんだよね。トランクルームに預けようと思うんだけど、屋内型と屋外型があるみたい。どっちがいいの?それぞれ選び方ってあるの?

おすすめサービス内容

オフシーズンの荷物は屋外型のコンテナトランクが良いでしょう。

扇風機や洋服以外にも、スノーボードやストーブなど、季節によっては全く使うことが無いものは意外に沢山あります。オフシーズンの物を預けるとなると、結局一年中利用することになるので、コストパフォーマンスの面から考えた場合コンテナトランクがベスト。

ただしデリケートな衣類を持っている場合は注意が必要です。衣類は衣装ケースに乾燥材を入れるとカビなどの心配は少なくなりますが、シワになる可能性があります。

その半面、空調管理ができる屋内型のトランクルームは洋服をハンガーで保管できるので、そのような心配がありません。屋内型か屋外型かという事で悩んだ場合の、選び方の一つとして覚えておくと良いでしょう。

結婚で使わなくなった家具を一時保管したい

結婚するため、今まで使っていた家具を友人にあげることにしました。だけど友人が仕事で忙しくて、なかなか荷物の運び入れができず…もうすぐ私もアパートを引き払うのですが、家具はどうすればいいでしょうか。

おすすめサービス内容

一時的に家具を預ける場合は屋外型のコンテナトランクが良いでしょう。

譲るなど、処分することが決まっている家具を保管する場合は、保管場所を短期利用で契約する事になるでしょう。

家具は短期間の湿気などですぐに不具合が出ることはありませんから、そのような場合は料金面から考えて屋外型のコンテナトランクを選びましょう。荷物の搬送もできるので、友人が受け取れるタイミングに合わせて搬送をお願いすることもできます。

ただしこの費用は別料金になりますので、支払方法の確認は忘れずに。また、短期利用は料金が分かりにくい部分もあるので、業者による見積もりも必要です。

ただし、結婚後は出産や子供の成長などで荷物も増えやすいものですから、その点まで考えて長期利用を検討するという手もあります。その場合は衣類なども増えるので、空調設備が整った屋内型トランクルームがベスト。ただし、トランクルームはスペースの広さがまちまちですから、友人に譲る予定の家具のサイズ確認と下見をお忘れなく。

溢れかえった骨董品や絵画を保管したい

骨董品や絵画を見るとついつい購入してしまいます。そんな趣味のおかげで徐々に生活スペースが狭くなり、ついには家内にどうにかしてほしいと言われてしまいました。せっかく集めたものですから捨てることができません。

おすすめサービス内容

骨董品や絵画を預ける場合は屋内型のトランクルームが良いでしょう。

金属製の骨董品や絵画は、空調などの影響によって劣化してしまう可能性があるので、空調設備が整った屋内型のトランクルームが適しています。屋内型はスタッフも常駐していますから、セキュリティ面も安心です。しかし、高価な骨董品を保管する場合は注意が必要。何かあっても保証ができないという理由から、高価な骨董品の保管禁止を契約内容に盛り込んでいる業者もあります。仮に高価な骨董品であっても、しっかり保険をかけてくれるトランクルームを選びましょう。

使わないタイヤを保管したい

雪がよく降る地域に住んでるから、冬用タイヤは必需品。だけど夏はノーマルタイヤを使うから、使わないタイヤはベランダで保管している。野ざらしの状態で風雨にさらしていたものだから、それを見た友人からタイヤの寿命が短くなると言われてしまった。どこか良い保管場所ないかなぁ…

おすすめサービス内容

タイヤの保管は屋内型のトランクルームが良いでしょう。

車のタイヤは思った以上にデリケートです。バーストなどは高速道路などで急に起きますので、タイヤの劣化は思っている以上に深刻。屋内型トランクルームは雨風をしのげるだけではなく、空調管理も行き届いており万全の保管環境。タイヤの寿命はぐっと延びます。しかし屋内型トランクルームで24時間営業という所は多くはないので、夜中にパンクしたのですぐに必要であったとしても、夜間の出し入れは難しいと考えましょう。また、季節によってタイヤを履き替えているという事は、その場で交換できれば、運搬の手間をぐっと減らすこともできます。自力でタイヤ交換ができるのであれば、駐車場など行なっていいかどうか事前に確認して、許可してくれるトランクルームと契約するというのも一つの選び方です。

格安でトランクルームが借りれるサイト