格安トランクルーム・レンタル倉庫を借りよう!

こんな悩み・経験ありませんか

トランクルーム・レンタル倉庫を格安で借りよう!

ストーブや扇風機、オフシーズンには邪魔だなぁ
趣味の道具を保管する場所がない…
店の在庫を保管できる場所がすぐに必要だけどどうしよう…

こんなことで悩んでいませんか?実はこれらの悩み、全てトランクルームで解決できます!

保管場所に関する悩みは個人、法人を問わず、共通の問題です。

誰もが大きな倉庫を持っていればいいのですが、狭い島国である日本ではただでさえ土地が限られていますからそれは難しいでしょう。

また、寒暖の差が激しく、湿気も多いので、例え倉庫を持っていても荷物の管理は簡単ではありません。アパート暮らしや、貸店舗でお店を経営している人にとっては新たな収納スペースの確保で頭を抱えている人も少なくないはず。

しかし格安トランクルームはそんな人の悩みをあっという間に解決してくれます。

当サイトには収納スペースに困っている人のために、トランクルームの選び方から契約方法まで、ありとあらゆる情報を掲載しています。ぜひ参考にしてください。

格安トランクルームおすすめランキング

トランクルーム業者は、日本全国に数多く存在します。しかしその特徴は業者によって大きく異なるもの。ただ「家の近くにあるから」という理由だけではなく、セキュリティ面や空調設備なども含めた様々な視点から見て、どこのトランクルームを利用するか決めるようにしたほうが良いでしょう。

また長期的なトランクルーム利用を考えている場合、毎月の利用料の安さも大事です。ひと月単位ではちょっとした金額の違いでも、長いスパンで見ると大きな金額になる事があります。そこで様々なトランクルームの中でも特に格安で、他のあらゆる面でも優れている業者を選びました。

1位ハローストレージ

最大1年間半額のスーパーセールや、使用量6ヶ月半額の目玉部屋キャンペーン実施中!!⇒キャンペーンの詳細を確認する
ハローストレージは、平成7年に創業した株式会社エアリンクが運営しているトランクルームです。日本全国幅広いエリアに1000以上の拠点を置き、6万室以上の保管スペースを抱えるなど、その規模は業界トップクラス。もちろん規模だけではなく、地域によっては2050円と格安で利用できるトランクルームがあることも特徴です。またバイクコンテナも格安で、1080円から利用できるところもあるほど。ツーリングが趣味の人にとっては魅力的な値段です。サポート面もしっかりしていて、ハロー安心保障パックという、もしもの時にとても助かる保証サービスを390円と格安で受ける事ができます。通常では10800円かかるカードキーの再発行が無料など、様々なサポートを受けることができるので、鍵などの管理が心配という人でも安心して利用できるトランクルームです。
おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、静岡、三重、富山、石川、福井、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀、鹿児島、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄
月額使用料 1,500円~

2位キュラーズ

今だけ!8/23まで月額利用料が20~30%オフのお得キャンペーン実施中!⇒キャンペーンの詳細を確認する
キュラーズは2001年に創業し、トランクルームサービスをメインとする会社です。ビル一棟丸ごとトランクルームとしてキュラーズが保有することで、格安に保管スペースの提供ができるようにしています。日本全国55店舗に33,000室と多くのスペースを保有しています。入退館には専用のカードが必要なので、セキュリティー面は折り紙付き。また、トランクルームに預けられた荷物に対し、キュラーズ負担で災害保険や盗難保険をかけることができる点も特徴です。そのサービスの手厚さもあり、トランクルームの市場シェア25%を独占し、オリコン日本顧客満足度ランキングのレンタル収納スペース部門において、8年連続満足度1位に輝いています。価格は店舗によってばらつきがありますが、安いトランクルームだと月2000円と格安で利用できます。
おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 東京、神奈川、千葉、名古屋、大阪、札幌、新潟、広島、北九州、福岡
月額使用料 3,000円台~(店舗によって価格が異なる)

3位宅トラ

宅トラは、2002年に創業した株式会社クオリティライフ・コンシェルジュが運営している、宅配型のトランクルームです。自分で荷物を持っていくトランクルームとは違い、宅配で預けたい荷物を預け、受け取りも宅配で行うことになります。預けた物はウェブ上で確認することができ、指定の施設や住所に希望の日時で配達してくれます。配達だけではなく集荷も行ってくれるので、週末手ぶらでゴルフやサーフィンなど楽しんだあと、帰るときも手ぶらで帰ることができます。また、配送業者は大手のクロネコヤマトなので安心です。宅配型のトランクルームなので、保管料などが日本全国どこでも変わることが無く、利用の仕方や地域によっては他のタイプのトランクルームよりも格安で利用できます。
おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 全国
月額使用料 4,980円~

4位スペースプラス

賃料が最大3ヶ月分or最大2ヶ月分無料の超お得なキャンペーン中!⇒キャンペーンの詳細を確認する
スペースプラスは、1992年創業の株式会社ランドピアが運営するトランクルームです。屋内型、屋外型両方のトランクルームを保有しているため、自身の状況に合わせたトランクルームを選択できます。また、バイクコンテナも用意しているため、バイク好きの人にもおすすめです。日本全国に450以上の箇所に拠点があり、土日祝日でも電話対応を行うことができます。最短1か月から利用できるので、引越しなどで短期間だけのトランクルーム利用を考えている場合は、格安で利用できます。
おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、高知、福岡、大分
月額使用料 2,520円~

5位サマリーポケット

9/30まで!5箱まで無料!ボックス代0円キャンペーン実施中!⇒キャンペーンの詳細を確認する
サマリーポケットは2010年に創業した株式会社サマリーが企画する宅配型のトランクルームです。荷物は完全に郵送で出し入れするシステムとなり、預けた荷物をアプリで指定して配達してもらうことができます。株式会社サマリーは自社で倉庫は持たないものの、大手の寺田倉庫に提携倉庫業者になってもらう事でトランクルームサービスを展開しています。荷物の出し入れをアプリで行うため、利用手順に慣れるまでは大変かもしれませんが、荷物の保管料が250円~と格安で利用できる点がとても魅力的です。また、トランクルームに預けている荷物をそのままヤフーオークションに出品することもできるので、引っ越し作業で出た不用品を売却する場合などにとても助かります。
おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 全国
月額使用料 250円~

6位LIFULLトランクルーム

LIFULLトランクルームは1995年創業の株式会社LIFULLが運営する、トランクルームのポータルサイトです。様々な特徴があるトランクルーム業者を、細かい条件を指定して探すことができます。「今住んでいる地域にあり、尚且つ金額が安い」など細かいこだわりにピッタリのトランクルームを探すことができます。 契約した後に、さらに格安などの条件が良いトランクルームを見つけてがっかりすることも無くなるでしょう。もちろん利用料は無料です。
おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、山梨、長野、新潟、富山、石川、福井、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、岡山、広島、島根、鳥取、山口、愛媛、香川、高知、徳島、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
月額使用料 1,000円台~(店舗によって価格が異なる)

格安トランクルームって何?

まず、そもそもトランクルームとは何でしょうか?

トランクルームは一言で言うと、収納場所を提供するためのスペースです。収納スペースが欲しい個人や法人が、倉庫業者や不動産業者から物を収納するスペースを借りて、食器や家具、家電、さらにはダブルベッドなど大型の物も預けることができます。

しかしトランクルームと言っても、実は運営する業者によって細かい部分が異なります。

屋内型トランクルーム

屋内型トランクルーム
屋内型のトランクルームには倉庫業者が運営するトランクルームと、倉庫業者以外の業者が運営するトランクルームがあります。

倉庫業者が運営する屋内型トランクルームは、その多くが一つの大きな建物の中で、複数の荷物を預かり管理します。

なので荷物一つ○○円、段ボール一つ○○円などと言う料金設定になります。また、安全上荷物の出し入れは倉庫業者のスタッフが同伴で行うので、荷物の出し入れは原則スタッフがいる時間帯のみです。

契約上は倉庫業者が荷物を預かり、その管理を行うという形になるので、荷物に何かあったときには保証を行ってくれます。

徹底した物の管理が可能なのでその品質の高さを生かしてワインの管理を行ったり、営業時間が限られてしまうデメリットをカバーするために宅配で荷物の出し入れを行うなど、多種多様なサービスも特徴です。

一方で倉庫業者以外が運営する屋内型トランクルームは、厳密には「レンタル収納スペース」と呼ばれます。ビル一棟やワンフロアを荷物の収納スペースで区切り、それぞれの区画に契約者が自分で荷物を収納するスタイルです。

自分で出し入れするので24時間荷物の出し入れができるというメリットがあります。

ただし契約上はあくまでも業者側は、倉庫収納のスペースを貸し出しているという形なので、荷物の管理責任は契約者にあります。

ただし管理義務はなくても、オプションで保険を掛けることができたりもするので、安心して荷物を預けることができます。

と、屋内型トランクルームには、業者によって上記のような違いがあります。どちらも荷物はしっかりした建物内で管理されるので、空調が効いている、セキュリティがしっかりしているなど共通したメリットもあります。

屋外型トランクルーム

屋外型トランクルーム
屋外型トランクルームは、運搬用などのコンテナの中を収納スペースに合わせて区切り、それを収納スペースとして貸し出すサービスです。空き地のようなところにコンテナが数多く置かれている光景を見たことがある人は多いかもしれませんが、まさしくあれが屋外型トランクルームです。

厳密にはこちらも「屋外型レンタル収納スペース」と言うのですが、便宜上「屋外型トランクルーム」や「コンテナトランク」などとも呼ばれます。屋外に置かれているので、空調管理は換気口が設置されている程度。

ですが、自分で荷物を出し入れするので24時間いつでも荷物を引き出せることや、倉庫のすぐ横に車を横付けできるので荷物の出し入れが簡単などのメリットがあります。

また、バイク専用のコンテナトランクなどもあります。契約上は収納スペースの貸し借りという契約になるので、業者側には荷物の管理責任はありません。

格安トランクルームのタイプと向いている荷物について

トランクルームのタイプと向いている荷物について
トランクルームには様々なタイプがあり、それぞれにおける特徴は大きく異なります。なのでトランクルームのタイプごとに、預けることに適した荷物と、適していない荷物があります。

誤って特定のトランクルームに預けることに適さない荷物を預けてしまった場合、後々トラブルの原因となる可能性もあるので注意が必要です。

しかし事前にどのような荷物がどのタイプのトランクルームに適しているかしっかりと把握していれば、より便利にトランクルームを活用することができます。

では具体的にどのような荷物が、どのタイプのトランクルームに預けることに適しているのでしょうか。それぞれのトランクルームの特徴ももう一度確認しながら見ていきましょう。

屋内型(トランクルーム)

屋内型トランクルームは建物の中に設けられた保管スペースなので、空調などが整っていたり、建物がしっかりしているという特徴があります。他にも屋内型トランクルームならではの特徴があり、預ける場合には次のような物を預けるようにすると屋内型トランクルームのメリットを活かすことができます。

出し入れが少ないもの

倉庫業者が運営する屋内型トランクルームは、夜間は出し入れできないところがほとんどです。また宅配でしか対応できないトランクルームもあるので、日ごろから頻繁に利用する物を預けると、急に必要になった時に困ってしまいます。シーズン品(雛人形等)など、日ごろあまり使わない物を預けるようにしましょう。

デリケートな管理が必要なもの

屋内型トランクルームは屋内で荷物を管理するで、空調管理システムが完備されているところがほとんどです。書類や美術品、楽器や毛皮製品など、カビの発生やサビなどによって劣化の心配がある物を預ける場合に向いています。また他にも、湿気の影響を受けやすいAV機器や大型家電、磁気テープ類(カセットテープ、VHS、8mmテープ等)の保管にも向いています。

保険をかけておきたいもの

倉庫業者が運営する屋内型トランクルームは、業者が荷物を預かるという形で運営されています。倉庫業者には預かった荷物の管理義務がありますので、荷物に損害保険をかけて管理を行っています。なのでこのようなトランクルームには、もしもの事があると困る物を預けることに適しています。

運搬が大変な物

倉庫業者が運営する屋内型トランクルームは、安全面の事を考え、業者スタッフが同伴で荷物を出し入れしてくれます。大型家電など、運搬が大変なものはそのような理由から屋内型トランクルームが向いています。

ワレモノなど

屋内型トランクルームは屋外コンテナタイプと比べると、構造上地震などに強い構造になっています。地震などによる影響を最小限に抑えることができるので、ガラス製品などの衝撃に弱い在庫品なども安心して預けることができます。

屋外型(コンテナトランク)

野外にコンテナを置いて、その中で荷物を保管するコンテナトランクには、屋内型トランクルームとは違う特徴があります。当然それに合わせて預けるべき物も変わります。

温度・湿度の影響がないもの

屋外型のコンテナトランクは屋外にコンテナを置いただけの物なので、毎月の利用料は格安です。しかし温度や湿度の影響を大きく受けるので、レジャー用品やアウトドア用品、DIY用品など、温度や湿度の影響を受けにくい物を預けるようにしましょう。

保険をかける必要のない

屋外型のコンテナトランクは、収納スペースを貸すというだけの契約なので、その中の荷物を管理する責任は業者側にありません。何かあっても業者側が賠償責任を負う必要は無いので、保険を用意していないところも珍しくありません。トラブルを避けるためには、ある程度耐久性に優れた物を預けるようにすると良いでしょう。

出し入れが自分でできる物

コンテナトランクの荷物の出し入れは、基本的に自分で行う必要があります。自力で出し入れできるものを預けるようにしましょう。

頻繁に出し入れするもの

コンテナトランクは夜間も荷物の出し入れが可能です。なので頻繁に出し入れをする必要がある工具類やスポーツ用品などの荷物を預ける場合は、コンテナトランクが向いています。

短期的な利用

コンテナトランクは屋内型トランクルームに比べると費用が割安であり、屋外設置なので車から直接荷物を運びこみやすい点が魅力です。なので引越しの時に出た沢山の不要な家具などを、オークションで売却する、友人にあげるなどという理由で一時的に保管する場合に向いています。

バイクコンテナ

バイクコンテナは、その名の通りバイク専用の車庫スペースです。若干のパーツなどを置くスペースもあるため、バイク好きにとっては趣味のスペースにもなります。何もない屋外でバイクを保管する場合に比べて盗難などの心配も少なく、費用も安い所では1080円からと格安。ツーリングで週末だけ乗る人や改造が趣味の人などに向いています。

格安トランクルームを利用する人ってどんな人?

トランクルームを利用する人ってどんな人?
トランクルームは荷物を預けるスペースですが、利用する目的は人それぞれ。具体的には次のような目的で利用されています。

部屋を片付けたい人

屋内型のトランクルームは空調などの環境の良さから、カビなどの心配が少なく、衣類や布団の保管に適しています。また、行き届いた空調管理は、サビなどによる家電類の故障も最小限に抑えることができます。増えすぎた洋服やオフシーズンの家電などに部屋を圧迫されて、困っている人が片づけのために利用しています。

写真や美術品など劣化する可能性がある物を預けたい人

屋内型のトランクルームは湿度管理が行われているという点から、アルバムや色紙などの思い出の品や、美術品など趣味の品を預けている人も数多くいます。

ピアノなどメンテナンスも必要な楽器を預けたい人

ピアノをはじめとする楽器は、空調管理だけではなく定期的なメンテナンスも必要となります。そのようなメンテナンスも行ってくれるトランクルームもあり、音楽を仕事や趣味とする人などがそのような場所に預けています。

書類や在庫の保管場所が必要な法人

書類は湿度によって劣化したり、また在庫品は温度によって変質してしまうものもあります。なのでそれらを預ける場所を探している企業にとっては、トランクルームはベストな保管場所。セキュリティ面でも、防犯カメラなど充実した設備があり、自社で大きな倉庫を用意することに比べると、格安で利用できる事も選ばれる理由です。

長期間の出張などで部屋を解約する人

海外出張などで長期間家を空ける場合、家賃が無駄になってしまうからとそのまま解約を行う人もいます。しかし、家電などを全て処分してしまうと、戻ってきた時に再び揃えるために多額の費用がかかります。トランクルームにかかる費用は居住用アパートなどを借りる費用、家電などを再び一式揃える費用に比べると格安です。なのでそのような理由から長期出張で家を空ける人などが利用しています。

格安トランクルームを利用する人が増えている理由

トランクルームを利用する人が増えている理由
様々な面で役に立つトランクルームですが、実は年々その利用者は増えてきています。それには次のような理由が考えられています。

理由1…認知度アップ

トランクルームは、断捨離ブームに乗じて紹介される機会が増えたり、様々な有名人が趣味のスペースとして利用していることが紹介されたことで認知度が高まりました。それも格安で利用できるという点がトランクルームをより身近なものにし、利用客が増加した事が考えられます。

理由2…事業者の増加

認知度アップに伴う市場規模の拡大から、トランクルームの運営は注目を浴びています。フランチャイズの仕組みを利用して、自身の余った土地建物をトランクルームとして投資するケースも増えています。町のいたるところでトランクルームが建てられ、立地的に利用が難しかった人が利用できるようになったこともトランクルーム利用者増加の理由の一つとして考えられています。

今後様々な地域にも新しいトランクルームが新しくできることも予想されるので、自身が住んでいるところの近くにも新しいトランクルームができるかもしれません。ただし、人が多く住むところで利用料が格安のトランクルームは、それだけ利用客も増えます。「利用したかったけど空きが無くて利用できなかった」なんて事を防ぐためにも、トランクルームを利用しようと思ったなら早い段階で利用したいですね。

格安トランクルームの最適なサイズの選び方

トランクルームの最適なサイズの選び方
トランクルームを選ぶ際に利用料が格安であることは重要ですが、それだけではなくトランクルームのサイズにも気を付ける必要があります。

サイズを間違えると荷物が入らなかったり、逆に広すぎて、無駄に高い金額を支払ことにもつながります。そのような事を防ぐために、以下にトランクルームのサイズ選びの参考を上げておきましょう。

0.5畳

段ボールに入れられる程度の小物など。食器やオフシーズンの洋服、縦に長い物が向いている。分解できない物品は適さない。

荷物の例
3段衣装ケース1つ、段ボール4つ、スキー板、ギター

1畳

一般的なトイレの個室より少し大きめのサイズ。一人暮らし用の冷蔵庫や洗濯機などの家電が入る。単身赴任、大学生活を終え実家に帰るなどと言うときに余った荷物を保管する使い方がベスト。

荷物の例
冷蔵庫、電子レンジ、段ボール4つ、サーフボード

2畳

目安としてはお風呂場のサイズ。大型家電はもちろん、自転車等、少々幅をとる物も収納可能。夫婦二人分の荷物の収納に適している。

荷物の例
ハンガーラック、段ボール8個、大型冷蔵庫、電子レンジ、自転車

4畳以上

4人家族程度の荷物であればごっそり入る。バーベキューセットや園芸道具、ベッドも収納可能

荷物の例
段ボール12個、ソファー、テーブル、冷蔵庫、ベッド、ハンガーラック、電子レンジ、サーフボード、自転車、バーベキューセット

サイズと荷物量の目安は以上のようになります。ただし、荷物の量は家庭によって異なるもの。2人家族なのに2畳のスペースに収まり切れないという事もあるかもしれません。特に大型の家具などを預けることを考えている場合は、事前にサイズを測り、実際にトランクルームの下見をしたうえでどのサイズを借りるか判断をするようにしましょう。

サイトマップ